2017年11月10日金曜日

小児看護学援助論Ⅱ(小児看護技術演習)


小児看護技術のグループワーク発表をしました。
グループワークでは、子どもの状態や発達段階に合わせて援助の方法を考え、ロールプレイを行いました。


子どもに援助を行う時も分かりやすく説明を行います。


物品も飾りつけを行い児の恐怖を減らす工夫をしました。


泣いてしまうことも想定し、あやしながら援助します。


処置を行う際も家族に丁寧に説明を行いながら実施します。



指導の場面では、家族の不安をなくすため口頭説明だけでなく、実際に家族にも実践してらもいます。




小児看護学援助論Ⅱ

2017年11月8日水曜日

相可高校での模擬授業

 11月8日、相可高校の1年生を対象に模擬授業を行いました。看護の基本であるコミュニケーションを取り上げ、『看護とコミュニケーション』という内容で授業を行いました。
高校生のみなさんはとても真剣に取り組まれており、授業後のアンケートでは、「看護にはコミュニケーションがとても大切だと感じた」や「人として大切なことを学ぶことができた」「看護の道を考えてみたいと思った」という意見をいただきました。










2017年11月7日火曜日

看護の統合と実践Ⅳ

3年生は、最後の科目「看護の統合と実践Ⅳ」の演習に取り組みました。
「患者に起こり得るアクシデントを予測すること」そして「患者に起こったアクシデントに対応できること」今まで学んできた知識・技術・態度の総まとめです。


この科目で自分の看護実践能力の課題を明確にし、いよいよ最後の実習「統合実習」にのぞみます!














看護の統合と実践Ⅳ



2017年9月27日水曜日

成人看護学概論

青年期の発達課題についてグループワークをしました。
青年期の最中である学生が抱える問題、今後の課題について発表を行いました。


 











成人看護学概論



2017年9月25日月曜日

臨床看護学総論Ⅱ(PBL チュートリアル)


 事例の患者さん(胃がん・COPD)を理解するために、分からないところをとことん調べたり、意見交換をして学びを深め、発表しました。自分の意見を相手に分かりやすく伝えることや、グループの意見をまとめることの難しさもありましたが、グループで学習することの楽しさも感じることが出来ました。今後の学習に役立てていきたいと思います。













臨床看護学総論Ⅱ


2017年9月10日日曜日

ふれあい体育祭にボランティアとして参加しました


保健医療論
 1年生全員が、松阪市社会福祉協議会の「ふれあい体育祭」に参加しました。玉入れやパン食い競争などの競技に参加される障がい者の方のサポートをさせていただきました。
 今年度は、競技進行の司会も担当し、参加者(約500人)の前でとても緊張しましたが、仲間と協力しながら進行することができました。












保健医療論

2017年8月31日木曜日

神戸市で開催された第48回慢性期看護学会に2年生が参加しました

看護の統合と実践Ⅱの授業の一環です。
全国の看護師の取り組みを間近に見ることで、今後の自分達の看護に取り入れていきます。

















看護の統合と実践Ⅱ